bbクリーム

アンチエイジングはトマトでも取れるか

年を取っても若々しい人は憧れの的ですよね。
沢山のアンチエイジングサプリメントや化粧品が出ています。
いっぱいありすぎてどれがいいのか迷いますよね。
そこでよく耳にするのが「トマト」の効果です。
トマトの成分はダイエットのサプリメントによく使われていますが、果たして、アンチエイジングにも効果はあるのでしょうか?実はトマトには、アンチエイジングには欠かせない成分がギュッと詰まっているのです。
トマトと言えば、あの真っ赤な色が印象的です。

あの赤い色素は「リコピン」と呼ばれ、ポリフェノールと同じ抗酸化物質で、カロテノイドの一種です。
カロテノイドは緑黄色野菜に多く含まれる色素で、私たちの身体の中にできた活性酸素を除去する働きがあります。
活性酸素は、強い酸性なので、身体の中を殺菌し体内環境を正常に保っているのですが、量が増えすぎると逆に身体を酸化させてしまうという悪影響があります。
身体が酸化してしまうと、それだけ老化が早くなります。
いわば、身体の中にできた錆なのです。
トマトの中にあるリコピンは、この錆を取り除いてくれるのです。

また、見た目の老化だけでなく、疲労の回復を遅くさせたり、生活習慣病を引き起こす原因にもなっています。
また、老化の原因には、紫外線の害が大きく影響しています。
紫外線は、肌の老化を速め、メラニン色素を生成し、シミやそばかすを作ります。
リコピンの抗酸化作用は、紫外線の害も消し、美肌に導いてくれるのです。
また、β-カロチンが含まれおり、皮膚や粘膜の健康を維持してくれ、呼吸器官を守ってくれる働きがあります。

そして、トマトの果汁にはリノール酸の「13-oxo-ODA」が含まれています。
この、「13-oxo-ODA」は、脂肪を燃焼する遺伝子を増やす働きがあり、脂肪を燃焼させ、血糖値を下げる効果もあります。
トマトには、アンチエイジングだけではなく、身体を健康に保つ成分が沢山含まれています。
しかし、リコピンは、生で食べるよりもジュースなどに加工された方が吸収されやすいので、色々な料理に使うなどの工夫をして摂取してみてください。
トマトを美味しく食べて、年齢に負けない身体を作りましょう!